CMP/精密研磨/各種清浄度測定/圧力分布測定

リアルタイム浮遊菌カウンターBIOTRAK™

クリーンルーム内の浮遊菌をリアルタイム測定

飲料・食品工場の無菌充填エリア 菌数監視に
医薬品工場の浮遊菌判定 迅速化に

MODEL 9510-BD

浮遊菌数をリアルタイムに測定

長時間を要する浮遊菌試験(培養法)へBIOTRAK™によるリアルタイム生菌測定を加えることで「即時判定」だけでなく「常時モニタリング」から「汚染源の特定」、さらに「測定した菌の捕捉・その後の同定」まで可能になります。

また従来の課題であった花粉や無塵服繊維など「生菌との判別」が難しかった微粒子の判別能力も大幅に向上。

ソフトウェアは21 CFR Part.11準拠。 デモ機もご用意しています。

オフライン分析用捕集フィルタ

検出された生菌の同定が可能

光学検出部を通過した試料空気は、菌捕集用ゼラチンフィルタを通過して排気されます。

このゼラチンフィルターを取り外して標準的な公定法や微粒子迅速検査法(RMM)を経ることで分析・同定が可能です。

優れた生菌判別機能

2チャンネルの蛍光検出部により非常に少ない偽陽性

一般的な浮遊菌カウンターでは花粉や無塵衣繊維など生菌でない粒子まで誤って計数する問題がありました。

BIOTRAK™は蛍光検出部の多チャンネル化により高度な生菌判別能力を確立しています。

2段階の菌検出感度

複数のパラメータの光学検出と生菌判別アルゴリズムを有するBIOTRAK™9510-BDは、その生菌検出(判定)感度を2段階の設定から検出できます。

①高感度設定⇒グレードAやBの比較的微粒子清浄度の高いエリアのモニタリングに最適です。

②低感度設定⇒グレードCやDの清浄度が低く干渉物質が多いことが予想されるエリアでのモニタリングに最適です。

ユーザーインターフェース

メイン画面:微粒子・浮遊菌を同時表示

パーティクルカウンターで培われた、直感的で使い易いタッチスクリーンのユーザーインターフェースにより、測定設定、アラーム設定、データ管理、リアルタイム異常通知を提供します。

また、モニタリングシステムへの組み込みが可能です。 BIOTRAK™9510-BDは、TSI社のモニタリングシステムに組み込んで、トレンドデータ表示や異常記録などを含む連続測定及び、プロセスコントロールや異常原因調査が可能です。

仕様