精密研磨/各種清浄度測定/圧力分布測定

TOC計(全有機体炭素量計)

TOC計(全有機体炭素計)は、水中の有機物を有機体炭素の総量(炭素量)として数値化する測定器です。

アンカーテクノが販売するベックマン・コールター/ハック・ウルトラ社のTOC計は超純水~純水ラインのオンライン監視用から注射用水・精製水のオンライン監視ならびにオフライン測定用、回収水~工場排水のオンライン監視用まで幅広くラインナップしております。日本法人にて万全のサポートをしており、医薬品工場でのバリデーションにも対応しております。

日本全国現地デモにも対応しておりますのでご気軽にお問合せください。

ハック QbD1200 ラボ型

JP16/EP2.2.44/USP643に適合

国内外の医薬品企業のお客様の声を反映して開発された使い勝手と安定性、コストパフォーマンスに優れた最新鋭ラボ型TOC計です。

注射用水(WFI)・精製水などの製薬用水、純水から上水のTOC管理まで幅広く活用いただけます。測定に必要な試薬は1つだけ、部品交換も年1回で点検作業も即日完了なのでランニングコストの低減が可能です。

 測定範囲:0.4~100,000ppb(100ppm)

分解/検出方式:湿式UV/NDIR

付帯設備:CO2フリーガス(N2又は高純度除湿エア)

 製品特長

 日本語対応された10.4インチのカラータッチパネルで誰でも感覚的に簡単操作

 サンプル測定前にサンプルラインを自動洗浄するためキャリーオーバー問題無し

 USPEPで要求される完全酸化により100ppb以下のTOC値の高信頼性と高再現性を実現

 日常点検用の試薬試験や洗浄用の測定試験といった前処理作業が少なくTOC試験時間を短縮

 メンテナンス用パーツが少なくランニングコストを削減

• 校正試験とシステム適合性試験を自動プログラム化

  CFR21 Part11への対応と管理PCを使わない運用管理でデータ完全性に対応するためデータインテグリティ対応がシンプル

バイオテクター B3500c

B7000シリーズで実績を積んだ湿式2段階酸化方式を継承し、上水やボイラー水、最終放流水、回収水といった比較的低濃度なアプリケーションにおける連続的なTOC管理に最適です。

オンライン連続モニタリングではオプションで2流路の測定が可能です。

測定範囲:標準モデル ~5mg/L(希釈不要)                ~25mg/L(希釈不要)          オプション ~100mg/L(レンジ追加)

その他:TOC値との相関によりCODやBOD値への変換表時も可能

対応塩濃度:高塩濃度(<20%)・高カルシウム(<3%)にも対応。フッ素等の腐食成分を含んだ排水の測定も可能です。

バイオテクター B7000

工場排水などの高濃度TOC(およびCOD/BOD)のリアルタイムモニタリングに最適。

オンラインでの連続モニタリングでも目詰まりを起こしにくく、オプションで最大6流路測定可。全窒素/全リン測定にも対応できます。

測定範囲: ~100,000mg/L(希釈不要)

測定項目: TOC・VOCに加えTNやTPも選択可能。

その他: TOC値との相関によりCODやBOD値への変換表示も可能。

対応塩濃度: 高塩濃度(<30%)・高カルシウム(<12%)にも対応。フッ酸等の腐食性成分を含んだ排水も測定可能。

アナテル TOC600

注射用水(WFI)・精製水などの製薬用水や純水のTOC監視に適したオンラインモデルです。

三局ならびにPIC/Sで求められる製薬用水のオンライン要求も満たしています。

測定範囲:1.0~1,000ppb

分解能:0.1ppb

比抵抗範囲:0.2~18MΩ・cm

伝導率範囲:0.05~5µS/cm

アナテル PAT700

注射用水(WFI)・精製水などの製薬用水や純水のTOC監視に適したオンライン/オフライン兼用モデルです。

リンス法による洗浄バリデーション運転モードも搭載しています。

測定範囲:0.5~2,000ppb

分解能:0.1ppb(オフライン時は1ppb)

比抵抗範囲:0.2~18MΩ・cm

導電率範囲:0.05~5μS/cm